水道の修理をするなら水を止めること

水道の修理は簡単なトラブルなら自分で直すことが出来ます。



まず、自分で修理をする時に一番最初にやらなければならないのが水を止めることです。

例えば、蛇口を閉めているのに水が垂れるなら、元の栓を閉めなければ水が止まりません。



本当にゆっくりなスピードでも、時間が経つとそれはとても多くの量の水となります。



水を使っているわけなので、当然お金もかかります。



自宅で水道の水を止めるには主に2つの方法があります。
自宅の中や外に水栓というのがあるので、ここを閉めることで自宅の水を止めることが出来ます。



また、トイレなどの場合は止栓というのがあるので、これを閉めることでも水を止めることが出来ます。
この止栓に関しては配管のタイプによって少し閉め方が異なり、ハンドル式ならそのまま手で止めることが出来ますが、マイナスドライバーが必要なタイプもあります。

この場合もマイナスドライバーで閉めれば良いだけなので簡単です。



水道の修理をするために自宅の止栓や水栓の場所が分からない時は業者に連絡をすると教えてもらうことが出来ます。

また、マンションやアパートの場合は大家さんに聞くのが早いです。



大抵は廊下のどこかに設置されていることが多いです。

自分の部屋の水の止栓が分からない場合、一度止栓を閉めてみて自宅の水を出してみると確認出来ます。

修理をする前にしっかりと水が出ないように止栓や水栓をしっかりと閉めてから修理作業を行うようにしましょう。



関連リンク

水道が破損し修理が必要になる原因


水道は、人の生活に欠かせない設備で、破損が発生した場合は速やかな修理が必要です。トイレのトラブルは、良く有る問題の中でも一般的で、詰まらせて破損させる事が多いです。...

水道修理は専門業者がおすすめ


水道の修理は突然起こるために対処に困りますが、専門業者に依頼するのが最適です。専門業者とは24時間対応可能なチェーン店となりますが、格安料金で利用できるのがメリットになります。...